本文へ移動

2018年度

認知症サポーター養成講座を受講して(西区・出合長寿会)

2019-03-18
 出合長寿会では、毎年6月と11月に手作り料理を女性部の役員班長さんと有志の方々で作って戴いて、参加者全員でご馳走になる食事会を開催しています。
 本年度は、食事前に玉津あんしんすこやかセンター3名の女性職員と、CHIAKIほおずき神戸伊川谷施設長の平田先生の『認知症サポーター養成講座』をして戴きました。
 タイトルは、『認知症を学び地域で支えよう』のテーマで、認知症とは?と予防についてで、誰でもなる可能性の症状で、大切なのは認知症の介護をしている家族の気持ちを理解して「割り切り」の気持ちを早く持てるように支援することだそうです。ステップとしては、戸惑い・否定から混乱・怒り・拒否になり、それを受け入れて割り切りのなり受容となって、理解が深まり、あるがままを受け入れられるようになるそうです。認知症の人への支援については、①驚かせない②急がせない③自尊心を傷つけないの“3つの「ない」”が基本姿勢です。具体的な7つのポイントは、①まずは見守る②余裕を持って対応する③声をかけるときは一人で④後ろから声をかけない⑤相手に目線を合わせてやさしい口調で⑥おだやかに、はっきりした滑舌で⑦相手の言葉に耳を傾けてゆっくり対応する等です。これらは、認知症の方だけでなく、誰に対してでも必要ではないでしょうか?
 有意義な講座を聞いた全員に、厚生労働省発行の『認知症サポーター見守りリング』も戴きました。講座終了後は、あんしんすこやかセンターの女性含む42名が、本当に美味しいカレーやサラダやフルーツを戴き、食後にカラオケタイムを持って、みんなで楽しい時間を過ごしました。

一般社団法人
神戸市老人クラブ連合会
〒650-0016
神戸市中央区橘通3丁目4-1
神戸市立総合福祉センター
        2階
TEL:078-341-8507
FAX:078-341-8524

------------------------------
 
1
0
8
7
0
6
TOPへ戻る