本文へ移動

2018年度

RSS(別ウィンドウで開きます) 

わがまちの歴史探訪(東灘区・深江南親交クラブ)

2018-10-27
磯島公園
 昨年度に引き続いて、神戸市老人クラブモデル活動継続事業として、第2回目の「深江の歴史文化探訪まち歩き」を平成30年10月27日(土)に実施しました。
 当日は、まだ夏の残暑が残っている暑い午後のひととき、深江地区の南部に点在しています西国浜街道の碑、阪神淡路大震災慰霊碑及びえびす神社跡の石碑と近代洋風建築物が多数存在する一帯を見て回りました。
 特に大正末期から昭和初期にかけて建築された「深江文化村」と呼ばれる一角があり、中央部には400坪の広大な芝生が植えられていました。その空間を囲むように13棟の西洋建築物が建てられていて、そこには、ロシア革命で亡命を余儀なくされたロシア人音楽家達が住んでいました。その中に著名な指揮者のメッテルらがいて、彼らと交流をはかった朝比奈隆や貴志康一、山田耕筰、服部良一ら多くの日本の音楽家が育ちました。
 このように大正モダニズムを象徴するところとして知られていましたが、近年の宅地開発や阪神淡路大震災によって、今や富永邸と古澤邸の2棟だけが現存するのみで、富永邸は緑の下見板を張り巡らした外壁に、暖炉の煙突がありました。又古澤邸は、急勾配の屋根をもつ木造3階建てでした。
 この深江文化村から少し離れたところに、灘の生一本で知られている太田酒造の千代田蔵があり、同敷地内にある迎賓館(旧小寺家別荘)があり、赤い屋根にクリーム色の壁面の洋館でありました。
 わがまちの歴史探訪のまち歩きをした時の話を交えて書してもらい、半日間良い勉強をさせてもらいました。
 

平成を振り返って(須磨区・竜が台朗友会)

2019-02-06

竜が台朗友会は、発足してちょうど40年になりました。私が7代目の会長になります。
 私と朗友会の関わりは、平成24年末に会社を辞めた時に、何かをしなければ一日中家にいるのは苦痛だと思っていました。そこで現役時代に少ししていた囲碁をしようと福祉センターに行き、囲碁をされている先輩方を眺めていて朗友会に入会した、というより囲碁クラブに入会したのが最初でした。
 ところが元々会社を辞めたら、行きたかった北区の神戸市シルバーカレッジに平成25年4月に入学したので、朗友会の囲碁クラブの参加も滞りがちになり、朗友会のことも忘れていました。
 しかし、私が住んでいる名谷8団地の集会所でも、毎週水曜日に囲碁クラブを開催しているのを知り、シルバーカレッジの授業のない日に参加したところ、福祉センターで囲碁をしている朗友会のメンバーばかりでした。
 平成26年には、暫く休部状態であったグラウンドゴルフクラブが復活し、現在では26人の会員が週に3回(月
・水・金)竜が丘公園で活動しています。
 平成27年の10月頃に当時朗友会の前会長が、麻雀クラブを設けたいとのことで会長と私が、西落合松寿会及び神の谷コスモスクラブの麻雀クラブの活動状況を見学させていただいたりして、竜が台にも健康麻雀クラブ(呼称を“一気通感”と言い勿論“賭けない”“飲まない”“吸わない”です)を立ち上げ現在24名の会員が毎週一回楽しんでいます。
 5月には新年号になりますし、我が朗友会も新しいことを取り入れたいと考えています。具体的には
1 新しいクラブの創設(川柳クラブ・輪投げクラブ等)
2 フレイル予防の実施 ちなみに私は神戸市のフレイルサポーターです
3 役員数の見直し・増員
4 会員の増員(現在90人の会員を対象者の5%の約150人以上を目標)
5 福祉センターの当番制の見直し及び当番室の改装(ふれまちに提案)
等々です。

恵方東北東 近江の国三社まいり(兵庫区老人クラブ連合会)

2019-01-08

行先の滋賀県は、寒気の南下で摂氏4度ぐらいになるとの予報に、覚悟をして朝をむかえる。
 平成31年1月8日(火)、恒例の兵庫区老連の新春三社参りに、240名がバス6台で兵庫区内各地を出発した。
 阪神高速道路・名神高速道路を走り、途中の吹田SAで各号車が集結し、越年のよろこび、新年のごあいさつを交す様子があちらこちらで見られた。
 ここから2班にわかれ、今年の恵方の東北東の近江の国にむかう。
 最初の建部大社に参拝をして、次の苗村神社へとむかう。ついナエムラと読みそうだがナムラだそう。ここで参拝を終えてから、一休庵で昼食と買物をする。引き続き鮎家の郷でお買物をして、最後三社目の近江神宮に参拝する。
 皆さんの精進がよかったのか? 心配された寒さはどこに? この時期なのにあたたかい陽ざしの中を、名神高速道路・中国自動車道・阪神高速道路と無事に兵庫区各地に帰ってきた。
 一日遅れてのこの地方は雪が積もり寒い天気となったそうだ。

千年の古都で三社詣(中央区老人クラブ連合会)

2019-01-07

 恒例の区老連主催、新春三社詣が平成31年1月7日(月)に行われ、今年の恵方が東北東ということなので京都の三社にお参りしました。
 当日は朝から快晴、中央区各地から参加者233人がバス6台に分乗し、名神高速道路吹田SAに集合。西宮経由のバス旅行は久しぶりです。渋滞もなく京都南ICに到着、国道1号線への合流もスムーズ。西大路通を北上、左大文字が正面に見えました。
 最初に参拝したのは上京区の北野天満宮。天神さんの愛称で呼ばれる全国天満宮の総本社で、有名な早咲きの梅はまだでした。
 昼食は左京区聖護院の旬菜京料理・正阿弥で松花堂御膳をおいしくいただきました。
 食後は、京の三大祭「時代祭」が行われる平安神宮に参拝。朱塗りの社殿がひときわ鮮やか。
 次に順序を変えて寄ったのは、西本願寺の向かいにある京つけものの店「西利」。さっそく試食です。しかし漬物といってもたくさん種類がありますね。でもさすがはベテラン主婦の皆さん。上手に選んでお買物です。
 最後は、京都御所の西にたたずむ護王神社。足腰の守護神としても知られ、全国から多くの参拝者が訪れます。また、境内のいたるところに“いのしし”の像があり、「狛犬」の代わりに「狛猪」が鎮座しています。今年は干支がいのししなので、余計に賑わっていました。
 参拝を終えて帰途につく頃には、冬の日も暮れかかり、名神高速道路から中国自動車道を走り、新神戸トンネルを抜ければ中央区。両手いっぱいのお土産とともに、今年一年の健康と幸せを祈りながら帰ってきました。
 

 

40年続く小学生との交流わら細工会開催(北区・大沢松壽会)

2018-12-02

年の瀬も近づいた平成30年12月2日(日)、大沢松壽会(しあわせクラブ)と大沢小学校の子供達との交流わら細工会をもちました。
 私達の若い頃の稲作りは、牛ですき起こして水を張り、均平にする代かき以外は全部手作業の重労働でしたが、時代と共に機械化が進み、現在稲の収穫はほとんどコンバインによるもので、稲架干しの稲はわずかとなりましたが、その貴重なわらを準備して当日を迎えました。これまでは、市内でも1~2番の少ない児童数で、指導が行きとどく反面、競争や挑戦する気持ちに欠けるのではないか?と懸念されていましたが、今年は近くの上津台の方から多数転校生があり、児童数が大幅に増えた中で、1~2年生はわら細工の基本となるなわない、3~4年生はなわを使った鍋敷、5~6年生はお正月を迎えるしめ飾りに取り組みました。
 この作業の中で、昔は農閑期にわらを使って、なわは勿論ぞうり、わらじ、もっこ、ふご、米俵、かます、ほうき、たたみ、しめ飾り等を作り利用していたことを語り、それらが世の中が進むにつれて、ほとんどがビニールやプラスチック製に変わってきた事を教えました。
 会場の体育館は、先生や保護者の方々も一緒で、にぎやかな会話や、笑い声に包まれ、和やかで盛り上がった会となりました。
 約1時間の作業でしたが、中には天に昇る龍を思わせるなわもあり、なわで早速なわとびをする子もあって、文字通りこの世の中に一つしかない作品がそれぞれ完成しました。作業中、子供達に昔の暮らしの様子を伝え、体験してもらった中で、将来、成人した時に、今日の会を思い出して、子や孫等に伝えていって欲しいと願っています。

 

一般社団法人
神戸市老人クラブ連合会
〒650-0016
神戸市中央区橘通3丁目4-1
神戸市立総合福祉センター
        2階
TEL:078-341-8507
FAX:078-341-8524

------------------------------
 
1
0
4
7
2
4
TOPへ戻る