本文へ移動

2018年度

ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

第45回楽しいつどい(垂水区老人クラブ連合会)

2018-10-24

平成30年10月24日(水)、垂水勤労市民センター・レバンテホールにて、垂水区老人クラブ連合会の「第45回楽しいつどい」が開催された。来賓の方々や出演者を含む会員、計約500名が集い、会場は満席、開会前から熱気が溢れていた。

 午後1時30分、池田総務部会長の司会で開会。上野会長は次の様な挨拶をされた。「楽しいつどい」は区老連が創設された昭和39年の10年後に第1回目をスタート。今回で45回目を迎えた。演じる活動は、平素の地道な練習の成果が実を結び、昨年の全老連京都大会で銀賞を受賞した。また「平成30年度みずほ教育福祉財団助成事業」である「老人クラブ介護予防・健康づくり支援事業」は区内全域に啓蒙活動を展開していく。

 来賓を代表して山田垂水区長は、区老連の平素の活動に謝意を述べられ、伊藤市老連事務局次長からは、会員増強と健康増進を要請された。その後、来賓の方々の紹介があった。

 続いて垂水警察署による「特別講演」があり、岸本警部補は、特殊詐欺について事例等を紹介し、注意を呼びかけられた。

 暫時休憩の後、お待ちかねの「演芸」の部が始まった。今回は9クラブから159名が出演し、民謡・民踊・吟詠・コーラス・ダンス・リズム体操など12演目が披露された。

 民謡とコーラスではお馴染みの曲目で昔を懐かしみ、躍動感に溢れ一糸乱れぬ息の合ったダンスは観客を魅了した。またフォークダンスは色鮮やかな衣装と軽快なステップでダンスホールの雰囲気を醸し出した。今回の出演者の中、最高齢者は95歳の女性でしなやかに「花笠道中」を踊り、息つく間もなく「リズム体操」で飛んだり跳ねたりし、タオルで力強くストレッチする姿は観客に元気と感動を与えた。そして締めに恒例の「青い山脈」を舞台と客席の全員で大合唱し、演芸の部は終了した。

 最後に、クラブ単位で競う「おたのしみ抽選会」があり、会場は一段とヒートアップ。半数強のクラブが景品を引き当てて大喜び、はずれのクラブは悔しがる。

 ここで勝瀬スポーツ部会長の終わりの言葉があり、今年の「楽しいつどい」は無事に閉幕した。

若狭路と片山津温泉(中央区・東部雲中長寿会)

2018-10-19

湯面から立ちのぼる白いやわらかな湯気が漆黒の闇に消えてゆく。加賀の片山津温泉、原泉元湯の宿・かのや光楽苑自慢の露天風呂に身を委ねる。まさに至福のひととき。

 雲中長寿会グループ恒例、秋の旅行はここ片山津温泉に泊まり、舞鶴から敦賀方面を回ろうというコース。

 10月19日(金)、天候は曇り。参加者24人を乗せたバスは新神戸トンネルを抜け、中国自動車道から舞鶴若狭自動車道を走る。最初の観光場所の「舞鶴引揚記念館」。終戦後、60万人といわれる日本人がシベリアに抑留された。それらの人の手記やラーゲリ(収容所)での生活の様子を模型で展示している。ちょうど京都市の小学生が団体で見学に来ていたが、劣悪な衛生状態や僅かな食料を平等に分けるなど、先生の説明を理解できただろうか。

 高浜海水浴場近くの城山荘で昼食をおいしくいただいたあとは、有料道路のレインボーラインを通り梅丈岳へ。山頂の展望台からは三方・水月・菅・久々子・日向のそれぞれ塩分濃度の異なる5つの湖が一望出来る。

 北陸道をしばらく走り、片山津ICで下りてホテルに到着。休憩のあと、さっそく入浴。少し塩辛い。その後はお待ちかねの親睦会が始まった。北陸は味覚の宝庫。魚も酒もおいしい。季節を伝える旬の味を満喫。そしてお決まりの歌会。うちの人達は皆さん芸達者。

 夜中に雨が降ったようだが朝は晴天。2日目の最初は御菓子城加賀藩で試食と買い物。続いては越前町の北前船船主の館「右近家」を現地のボランティアガイドさんの案内でまわる。

 敦賀の「日本海さかな街」で昼食と最後の買い物。さすがベテラン主婦の皆さん、上手にお土産を選んでいた。

 おしまいは人道の港「敦賀ムゼウム」有名な杉原千畝の「命のビザ」を手に、ユダヤ人難民約6,000人がここに上陸した。

 今回の旅行は、食事がおいしかったことと、雨にあわなかったのがラッキーだった。

 また行きましょう。

体力測定研修会の取り組み(灘区老人クラブ連合会)

2018-10-11

灘区の中心に、日頃はグラウンドゴルフや少年野球等が行なわれている公園があります。ある強風の日に収納庫の扉が壊れ、中から体力測定の用具が出てきました。使用可能な用具は10m障害物歩行用のスポンジのみでした。使える物が一つでもあれば、あとは買い備えれば体力測定は出来ると思い、今池区老連会長の計らいで、市老連・全老連の協力を得て「みずほ教育福祉財団」から助成金を受けることが出来ました。

 先ず用具を買い揃え、役員の研修会から開始するよう計画に入りました。30年度は体力測定会2回・体力測定研修会4回を計画し、第1回目は体力測定研修会を6月27日(水)に灘区役所の会場にて、区老連役員・スポーツ部委員・各クラブの会長計25名で実施しました。講師は市老連スポーツ部会副部会長、藤本建治氏による健康講座と長座体前屈や10m障害物歩行等用具の組み立て方法の指導を受け実技に入りました。測定をする側、される側に分かれて、体力測定手帳の記録方法も勉強し、参加者は真剣に、楽しく体験しました。

 第2回体力測定研修会は8月30日(木)、灘区役所の会場にて、講師に歯科健康教育歯科衛生士、井之上みどり先生をお招きし、座学と第1回同様実技研修を実施しました。

 第3回体力測定研修会は平成31年2月27日(水)、灘区役所の会場にて、講師に神戸市雇用管理栄養士、一条ミキ先生をお招きし「いきいき長寿食生活」の講演を予定しております。

 第4回体力測定研修会は平成31年3月26日(火)、灘区役所の会場にて、灘消防署救急係の方から「家庭内の事故予防」「けがの手当」その他救急に関する講話を予定しております。

 今年度第1回体力測定会を11月2日(金)、王子スポーツセンター体育館で輪投げ大会と併行して開催します。

 第2回体力測定会は平成31年1月30日(水)に六甲道勤労市民センター体育館で区老連会員・非会員を含めて150名を対象に開催します。

 今回揃えた体力測定用具は単位クラブでも使用できます。灘区老連は健康寿命と健康維持の配慮を続けて参ります。(スポーツ部)

 

2018-12-03

ながたっ子まつり(長田区老人クラブ連合会)

2018-10-07

10月7日(日)に、ながたっ子ネット主催の祭を盛り上げる為に、鉄人28号が秋空を突く若松公園に結集。

 ステージコーナーでは、ダンスや吹奏楽等の楽しい出演が一杯メインイベントは、レッツダンスタイムで金子先生と一緒に踊ろうや、ながたっ子○×クイズ。子供達の大好きなゲームコーナーは、バルーンアート・スーパーボール掬い・射的マグネットダーツ。食べ物コーナーでは、焼きそば・カレーライス・フライドポテト・たこせん・おでん等々。展示コーナーには、消防車・起震車・パッカー車・白バイがあり、地震の振動体験車では怖さの奇声が聞こえました。

 我が区老連のメンバーは、おでん売り場とマグネットダーツの担当。食欲の秋よろしく親子連れが立ち寄って舌鼓を打ってくれました。危険度の低いマグネットダーツのコーナーでは、兄弟・姉妹・仲良しグループが訪れて競い合い、点数の多少を比べ合う様子に、更に興味深く競争出来る様、途中から付箋に「あなたのてんすう500点」等を書いて手渡し始めたら、尚一層繁盛して、点数を見せびらかす子等に、目を細めて見守るばかりでした。

 子供達や孫達の子育てを見終えて、幼子とのふれあいは、爽やかな秋の陽の様に気持ちの安らぎを覚えました。子供達との交流は、他には5歳児との遊びもあるものの、それとは違った趣の感じられる秋の一日でした。

一般社団法人
神戸市老人クラブ連合会
〒650-0016
神戸市中央区橘通3丁目4-1
神戸市立総合福祉センター
        2階
TEL:078-341-8507
FAX:078-341-8524

------------------------------
 
1
0
2
0
4
3
TOPへ戻る