本文へ移動

2017年度

クラブだより

RSS(別ウィンドウで開きます) 

秋の日帰り旅行実施(長田区老人クラブ連合会)

2017-12-04
仁徳天皇陵

当初、平成29年10月23日(月)に実施する予定だった秋の日帰り旅行、「仁徳天皇陵古墳見学、堺市役所21階展望ロビーから展望、さかい利晶の杜見学、妙国寺参拝の旅」が台風21号の影響で延期となり、改めて12月4日(月)に実施。参加者は51名(バス2台)で長田各地を出発し、堺へと向かった。
堺市に入ってからはボランティアのガイドさんの案内で、最初に“さかい利晶の杜”を見学しました。ここには「与謝野晶子記念館」「千利休茶の湯館」等があり、「与謝野晶子記念館」では〈みだれ髪〉にはじまる数多くの詩歌集や本などが展示されており、また「千利休茶の湯館」では千利休は堺の商家に生まれ、本名は田中与四郎、号を宗易と称し、天下人・織田信長や豊臣秀吉の茶頭として仕えたが、最後は秀吉に切腹を命じられその生涯を閉じたなど、千利休にまつわる話をくわしく説明頂いた。
つぎに堺市役所21階展望ロビーに移動。ここは廻り360度見渡せ、仁徳天皇陵古墳をはじめ多くの古墳群や市内が一望できる。このあと“仁徳天皇陵古墳”見学へと向かった。この古墳は“エジプトのクフ王のピラミッド”“中国の秦の始皇帝”と並ぶ世界3大墳墓の一つといわれ、上空から見ると円と四角を合体させた前方後円墳という日本独自の形で、5世紀中頃に約20年かけて築造されたと推定されており、墳丘は3段に築盛され三重の濠がめぐり10基の陪塚があるそうだ。
“ホテル青雲荘”で昼食したあと、午後からは大寺餅河合堂で買い物をし、つぎの見学場所の妙国寺の参拝へと向かった。ここの境内にある大蘇鉄は国指定の天然記念物であり、樹齢1100年余と言われ、織田信長の“夜泣きの蘇鉄”という伝説が残っている。また、宝物資料館には“土佐十一烈士の遺品”“加藤清正奉納の宝剣”“ルソンの壺”などが展示されており、歴史の重みを感じさせるお宝が多数あった。
このあと堺の地場産業である刃物などが展示されている「堺伝統産業会館」を見学。ここにはいろいろの刃物が展示されており、とくに鮪解体用包丁の長さは見事だった。ここを見学した後、一路長田へ。今回も全員事故なく無事終了することができた。
 

「おんな城主井伊直虎」の郷へ(東灘区老人クラブ連合会)

2017-12-04
兵庫友愛クラブ研修旅行の旅

日本の国が神様によってつくられて、その最初が淡路島であるということが、日本古代の歴史書 古事記・日本書紀に書かれています。今の日本がどのようにできたのかは誰も見た人はいません。科学的思考の人は一笑に付すかもしれませんが、信心深い人には示唆に富む物語となるでしょう。
何はともあれ淡路島が最初に創られた日本であることは、淡路島に住むすべての人にとって誇りに感じることでしょう。だからこそ、この介護施設が誇りをもって「くにうみの里」と命名したに違いないと思うのですが…。
前置きが長くなりました。とにかく私たち兵庫友愛倶楽部総勢50人は、バスで南淡路にある「くにうみの里」へ向けて出発しました。あいにくその日は曇りもようで、雨もちらつくという寒い一日でした。途中瀬戸内海の風景を楽しむ気分がそがれたのは残念でした。
海の見える丘にあるホテルで昼食を済ませると、すぐ介護施設「くにうみの里」に到着です。玄関で女性職員に明るい声で迎えていただき、いっぺんになごやかな気分になりました。
そこからすぐ近くのロビーに全員集まり、職員の方から施設の概要と運営方法の説明があり、その後3班に分かれて、順次施設内を職員から説明を受けながらめぐりました。
入所者は7~8人でグループになり、各フロアーのゆとりのあるスペースの中央に食事もできるテーブルが置かれ、少し離れて各入所者さんが入る個室が配されています。つづいておふろ、簡単な料理が出来るキッチンがありました。トイレは各部屋にあります。ここは公立の施設で、病院の跡地に建設されて1年ぐらいしかたっておらず、概して美しい気持ちのいいたたずまいです。
1階のロビーでは、いろんな催しが行われ、私たちが訪問したその日も地元の人達の主催で歌のイベントが行われていました。音楽学校出身の人達ではないかと思われますが、上手に入所者をリードして、楽しく場を盛り上げておられました。
特にこの施設のいいところは、近隣の人達に「開かれた介護施設」として運営されている点です。空きスペースに絵画・工作などの展示会が常時開かれており、外部からの見学者も多いようです。
「開かれた」とは便利な言葉で安易に使うべきではありません。どんな施設も開かれれば開かれるほど、職員の皆様の負担が増えることが十分理解できます。
そこであえて淡路島にある特別養護老人ホーム「
 

安芸の小京都としまなみ海道(中央区老人クラブ連合会)

2017-10-30
国宝・明王院五重の塔



中央区老連主催、秋の一泊旅行は広島県の湯坂温泉と景勝鞆の浦、それにしまなみ海道をちょっとだけ訪ねるというコース。
平成29年10月30日(月)中央区各地より52人がバス2台に分乗し、阪神高速布施畑ジャンクションより山陽自動車道を西へ進む。天候は晴。紅葉はいまひとつだが道路はすいている。車内のドリンクサービスが始まる。顔なじみの乗務員さん、案内を聞きながら岡山で高速をおりて、白壁の里「庄屋」で昼食をおいしくいただいた。
再び山陽道を福山へ、国宝・明王院を参拝。ここには、庶民が建てた日本最古の五重塔がある。
鞆の浦は昔から、潮待ち・風待ちの港として知られ、交易で栄えた。良き時代を感じさせる古い町並みが残り、地元のボランティアガイドさんが案内してくれる。坂本龍馬と軍艦いろは丸の話は興味深かった。
鞆の浦に別れを告げ、夕闇迫るころ、今夜の宿「湯坂温泉・賀茂川荘」に到着。
さっそく温泉に入り疲れをいやし、お楽しみの宴会が始まった。料理も酒もおいしい。そしてお決まりのカラオケに踊り。うちの人は皆さん芸達者です。
あくる日は快晴。最初に訪れたのは、遥か平安時代、京都下鴨神社の荘園として栄えた歴史から「安芸の小京都」と呼ばれる竹原。
江戸時代後期に製塩や酒造業で栄えた屋敷や由緒ある寺のある町並みが、今もそのまま保存されている。ここでも地元の観光ガイドさんが案内してくれた。
最後はバスで「しまなみ海道」を走る。本州と四国間の三つの橋のうちで最も小規模だが、その代わり数が多い。いくつか渡って大三島。ここはもう愛媛県。大山祇(おおやまづみ)神社の樹齢2600年といわれる大クスノキは見事だった。
今回は予想に反し天候に恵まれ、古き良き時代にも触れられた旅となった。
 

内閣府エイジレス・ライフ表彰に輝く!(西区老人クラブ連合会)

2017-09-20
藤井昭三さん
表彰盾



西区老人クラブ連合会会員の藤井昭三様(神出第二かたこ会)が、平成29年9月20日(水)、国務大臣・内閣府特命担当大臣からの表章状を、梶川龍彦西区長様から伝達されました。今年度は兵庫県で、只一人の受章者となりました。
藤井昭三様は、神戸市立長田小学校校長を定年退職され、大阪教育大学等の講師を歴任された後、大蔵流家元の茂山忠一郎氏に師事して狂言を11年間学ばれました。そして、日本の歴史的伝統文化の狂言を、長年にわたって地域の小学生を中心に指導し、神出町演芸大会で披露するなど、町民の楽しみとなる大きな業績を残しておられます。
また、「神出むかし物語」を執筆されるなど、世代間を超えた歴史的伝統文化の伝承に努められ、地域社会の活性化に貢献され貴重な業績を残されています。
 

神戸近代化遺産・土木遺産見学ウォーク(垂水区老人クラブ連合会)

2017-11-12
湊川隧道


今年度の区老連モデル事業として、神戸市内にある明治期から昭和期への近代化を支えた建造物などを巡るウォーキングが企画され、3回に分けて実施された。
第1回は平成29年4月3日(月)、「水の科学博物館」。大倉山公園に集合、宇治川両岸の咲き始めの桜並木(開花遅れで満開でないのが残念)を眺めながら「水の科学博物館」へと到着した。春休みで子供連れの家族も多く、賑やかな見学会となった。実験コーナーでは子供達と一緒に水の科学を楽しみ、テーマシアターでは3D映像「水ものがたり」を鑑賞して瞬く間に時が過ぎた。参加者87名、期初のためやや周知不足であったか。
第2回は平成29年9月29日(金)の「灘の酒蔵めぐり」。阪神魚崎駅~住吉川左岸に182名が集合。多すぎて酒蔵の方が対応できず、6班に分かれて行動した。順次河川敷を出発し長い行列で南へ歩を進める。最初の酒蔵は魚崎郷の櫻正宗。班ごとに入館、早速試飲する人・土産を買う人…。続いて、御影郷の菊正宗酒造へ。丁度、昼食時間帯となり、交互に付近の住吉川公園で食事をとった。菊正宗では興味深い話を伺った。宮水の話、蔵人と杜氏、「くだらない」は江戸の不味い酒に由来するなど。最後に白鶴酒造の広場にて全員で記念写真撮影、酒蔵見学をして流れ解散となった。
第3回は「湊川隧道」。平成29年11月12日(日)、湊川公園に156名が集合。年1回の一般公開(兵庫県)に合わせ一般の方と一緒に見学。この隧道は河川氾濫から市民生活を護るため、明治30年から約4年の歳月をかけて建造された河川トンネルであったが、阪神淡路大震災で一部が損壊し、隣接地に構築された新湊川トンネルにその役目を譲った。現在は神戸の近代化土木遺産として保存されている。内部に入ると底部は板状の石を敷き、壁面と頂部のアーチは煉瓦を積み上げた馬蹄形の断面を持つ構造であった。旧構造部分では底部を流れる地下水を避けながら斜め歩きで進んだ。旧隧道から新湊川トンネルへの接続部分を経て地上の一般河川側道へ出て長田橋付近で解散した。
3回とも大変好評で、来年度もこの事業を継続してほしいとの声があがっている。
 
一般社団法人
神戸市老人クラブ連合会
〒650-0016
神戸市中央区橘通3丁目4-1
神戸市立総合福祉センター
        2階
TEL:078-341-8507
FAX:078-341-8524

------------------------------
 
0
9
9
0
0
3
TOPへ戻る