2017年度

クラブだより

 

フレイル予防(須磨区老人クラブ連合会)

2017-09-12
須磨区役所フレイル研修会


須磨区老連では平成29年9月12日(火)須磨区役所において「高齢者が元気で・楽しい一日を考える」集いを実施した。今回の企画は会員だけでなく地域の高齢者全般を対象にしたものであるが、勿論、この集いの参加者の中からシニアクラブへ新規加入があれば、との願いも込められている。
幾つかの演題の中からメインテーマである福本富夫須磨区長の「フレイル予防」に関する講演を紹介したい。
フレイルという言葉は最近、高齢者問題を論ずるときに使われる用語で原義は「弱い」とか「もろい」を意味するが、業界用語としては「加齢に伴う虚弱」と言うことの表現で、介護が必要となる一歩手前の状態を指す。
厚労省によると65歳以上の高齢者のうち300万人がフレイル状態にあると言われている。
講演の論旨は以下の如くである。
フレイルのイメージは年をとるにつれて、これといった病気を患っているわけではないが、だんだんと食欲や気力がなくなり、足腰の筋肉が衰え、要介護の状態になっていくことである。
人は社会とのつながりが減ると、生活範囲が狭まり、心が萎え、食が細り、ドミノ倒しの如く衰えて行く。健康で長寿を保つには社会参加(前向きなグループ活動、友達との会食)、身体活動(運動、散歩)、栄養(食事、歯の管理)の三位一体の取り組みが必要である。
300人の聴衆の心に沁み入る講演であった。
●フレイルのセルフチェック
□体重減少(6ヶ月間で体重が2~3㎏減少した)
□疲労感(以前より疲れやすくなった)
□身体活動の低下(人との交流が減った)
□握力の低下(ペットボトルのふたが開けにくくなった)
□歩行速度の低下(横断歩道を青信号の間に渡りきるのが難しくなった)
 

第3回車いす贈呈式行われる(灘区老人クラブ連合会)

2017-05-21
寄贈車いす
灘区老人クラブ連合会では、昭和57年より少額硬貨拠出運動を、毎年2回6月と12月に実施しています。
会員の家庭で眠っている少額硬貨(1円5円10円玉)を拠出してもらい、持ち寄った浄財を灘区社会福祉協議会に寄付し、平成26年度までは地域の障がい者団体への寄付、地域の福祉イベントなどに助成を行い、福祉向上のために役立ててもらっていましたが、平成27年度より灘区各福祉センターに、車いすを寄付しています。
一昨年募金第1回目、平成28年6月20日(月)に実施募金額78,906円、第2回目、平成28年12月19日(月)実施募金額91,128円、合計募金額170,034円集まり、灘区善意銀行へ預託しました。
これまでの募金より昨年も、平成29年5月21日(日)午前11時より、第3回車いす贈呈式が、新在家地域福祉センターに於いて、灘区老人クラブ連合会の今池会長、灘区社会福祉協議会事務局の河合部長、新在家ふれあいのまちづくり協議会の明石委員長の出席により行われました。
今回贈られたのは、新在家地域福祉センター、西郷地域福祉センター、なぎさ地域福祉センター、灘地域福祉センター、篠原地域福祉センター、五毛会館の6施設6台が贈られました。今までに贈られた車いすは17台、1台約93,000円です。
これからも少額硬貨募金運動を継続致しますので、今後とも灘区老人クラブの皆さん、この趣旨にご賛同いただきまして、少額硬貨募金に一層のご協力を、よろしくお願いいたします。
 

友愛セールと作品展(東灘区老人クラブ連合会)

2017-10-27
御影公会堂の友愛セール

毎年東灘区老毎連の行事として、秋に行われる「友愛セールと作品展」を今年も10月27日(金)御影公会堂で開催しました。
先ず開催場所である御影公会堂は、昭和8年に建てられ、東灘区では、区民に大変親しまれた会場で、老朽化のため、耐震工事でリニューアルされ、4月9日(日)に完成式がありました。
永年、区老連では「友愛セールと作品展」を行っていた所で、美しくなった会場に一層力が入りました。
友愛セールの品は、各グループに呼びかけ様々な品物が沢山集まりました。福祉部会の皆様は一日がかりで値札をつけます。又、当日お客様の休憩のため、ミニ喫茶店の準備に張り切っていました。
一方、文化研修部では、美しい壁に、各クラブの皆様が出展した多くの絵画、書道、編物など、又、手芸品その他多くの作品が所狭しと並べられ来場の皆様を待つばかりになりました。
午後1時の開場になるや大変多くの皆様が入場されました。
新品の毛布やひざかけ、バスタオル、食器類、靴、カバンなど沢山の品物が見事に減っていきます。
本当に楽しい友愛セールになりました。
作品展も多くの方々が出品して下さり、スペースいっぱいになりました。一生懸命作った手芸部の皆様も「すばらしい」などと言われ、大変喜んでいました。「又、来年のために頑張るわ」とおっしゃっておられ、本当に良い作品展になりました。
 

地域の5歳児との交流会(長田区老人クラブ連合会)

2017-10-24

10月24日(火)、兵庫県立文化体育館で、長田区認定子ども園、保育園、保育所合計19園の5歳児352名と、園の職員長田区社会福祉協議会、主任児童委員、長田いきいきクラブ、事務局の総勢576名の皆様とで、第32回長田区5歳児地域交流会が催されました。この事業は『芝田カナエ基金』より助成を受けて実施しております。長田区の子ども達の健全育成が目的で行っていますが、すでに32回を数えています。始めに各園の紹介があり、その時には自分の園の名前が呼ばれると、大きな声で元気良く返事をしていました。区長、長田いきいきクラブの会長、園の代表者の皆様の挨拶で始まり、プログラムへと入っていきました。「鉄人28号体操」、玉入れ、パラバルーン、踊り「炭抗節」、フォークダンス「ワハッハ」と続いていきました。どの演目にも園児の皆様は一所懸命に頑張っていました。それぞれの園では先生方が熱心に指導されたものとお見受け致しました。園児の皆様も来年の4月には、新1年生です。子ども達は毎日様々なあそびを通じて、友達と一緒にあそぶ楽しさを経験して、日々成長していくのだと思いました。この子ども達の元気をクラブの会員様にも吸収して頂いて元気に過ごしたいものです。そう考えているうちに、交流会が終了し、出口に向かうと、園児の描いた「いつまでもお元気で」というメッセージとタオルを頂き充実した一日を過ごしました。

ノルディックウォーキング田園スポーツ公園にて開催(北区老人クラブ連合会)

2017-09-28
 
 
平成29年度秋のノルディックウォーキング(健康学習、健康増進、健康づくり事業)を実施。
スポーツ部会の呼びかけで、秋晴れの9月28日(木)に田園スポーツ公園にて11クラブ108名の参加を得て賑やかに、楽しく実施いたしました。
講師にしあわせの村から2名のインストラクターを招き、ノルディックの説明と、用具の使い方、効能などを教わり、園内約4㎞を上り、下りのウォーキング、約1時間かけて歩きました。
普通のウォーキングと比較して、姿勢良く歩ける、肩甲骨・足腰・関節に無理がかからない歩行に効果。北区のノルディックウォーク参加人員も延べ250名(春、秋)と昨年より増加し、参加された皆様も「楽しかった、講師の方とおしゃべりを楽しみ、歩き方・効能を耳にし、日頃の散歩にも参考になった」との声。ご自身を知る良い機会で、健康寿命を考えるきっかけにもなったようです。
本年初めて参加の方は戸惑いもあったことでしょうが、皆楽しく、怪我なく、元気に汗を流した一日でした。
お昼からは輪投げを行い、賞品を手にして嬉しそう。やはり競う楽しみもチョット入れ和やかに、怪我なく楽しく、無理せず、ゆっくりと今日一日が健康寿命増進に活かせたでしょう。
 
一般社団法人
神戸市老人クラブ連合会
〒650-0016
神戸市中央区橘通3丁目4-1
神戸市立総合福祉センター
        2階
TEL:078-341-8507
FAX:078-341-8524

------------------------------
 
0
9
4
8
6
1