2017年度

クラブだより

「おんな城主井伊直虎」の郷へ(東灘区老人クラブ連合会)

2017-12-04
龍潭寺


平成29年、恒例の区老連会長研修交流会が、去る12月4日(月)・5日(火)の2日間、「おんな城主 井伊直虎」の舞台、浜名湖畔「舘山寺温泉」で開催された。単位クラブ会長他役員、総勢55名が2台のバスに分乗し、各地を午前8時頃出発。この日は晴天で最高の旅行日和だった。早朝にも係わらず、区役所の方々の見送りを受け、目的地に向けて出発した。バスは、名神(草津から)新名神を走り、「蒲郡オレンジパーク」で昼食。昼食後、浜名湖一の「うなぎパイ工場・春華堂」で、見学と最初のお買物。
本日の研修会場「舘山寺温泉・サゴーロイヤルホテル」に午後3時に到着。直ちに、研修会に入る。
最初に、岡部東灘区連合会長の挨拶。続いて浜名湖観光協会 荘司哲生事務局長から“乱世を駆け抜けた女城主の物語”を、懇切丁寧に話され、大河ドラマの放送以来、平素年間40万人の観光客が、いっきに70万人に増えたのは、NHKのお陰だと、一時間の講話は終了した。
従来はこの後、理事会を開催予定が、今回は資料が間にあわず中止とし、各自割り当てられた部屋に入り、浜名湖が一望出来る最上階の風呂に入る。
午後6時半に、お楽しみの食事と宴会と成る。岡部会長の挨拶。中谷副会長の乾杯の音頭で開宴。さすがうなぎ処、大きなうなぎが出されている。
やがて時間と共にカラオケも始まり、各自、自慢の喉を聞かせてくれ、終曲は「炭坑節」に合わせて踊り、森松副会長より閉宴挨拶。久保副会長の万歳三唱で解散。
明けて2日目、浜名湖遊覧船「なおとら」で、カモメふれあい体験クルーズ30分コースを体験。魚屋でない「さかな家」でお買物。
今回の最大の目的地「直虎ゆかりの寺・龍潭寺」を拝観。小堀遠州作、池泉鑑賞式庭園を、紅葉真っ盛りの庭園で時間を忘れて堪能。浜松「きじ亭」で昼食。昨日来た道の逆コースで、予定通り東灘の各地に到着。一人も事故者無く、沢山のお土産を持って、家路へと向かった。
 
一般社団法人
神戸市老人クラブ連合会
〒650-0016
神戸市中央区橘通3丁目4-1
神戸市立総合福祉センター
        2階
TEL:078-341-8507
FAX:078-341-8524

------------------------------
 
0
9
7
7
0
0