本文へ移動

クラブだより

 
神戸市内の区老人クラブ連合会や老人クラブの日々の活動などを紹介するページです

花見会(垂水区・月見台クラブ)

平成26年4月13日(日)垂水区東垂水の「川原公園」で花見会を開催しました。
当会は1971年に設立し、会員数も最高時88名でしたが、現在は67名(男性24名・女性43名)と減少しています。当クラブの最大の目標は会員相互の親睦と交流で、新年会、花見会、歩こう会、敬老会とグランドゴルフとカラオケで交流を図っています。
 本年は近所の「川原公園」で花見会を開催しました。参加者は30名。会員演奏の大正琴を全員で斉唱し和みあった所で、ビール、ジュースで乾杯して、美味しい、花見弁当をいただきました。
落下盛んな中での花見もなかなか乙なもので親睦が深まりました。食事後未経験者を含め全員で輪投げとG・Gのホールインワン競争とビンゴゲームで楽しみ、来年も元気な花見会ができることを誓いあい散会しました。
 

黒田管兵衛のふるさと「姫路城と塩田温泉」日帰り旅行

6月12日(木)観光バス1台に会員40名、9時30分に出発。
 今回の旅行は、一人4,000円の参加費とあとは会の負担です。役員さんからお茶とお菓子を配っていただきました。
 途中、トイレ休憩を1回、そのまま姫路の奥座敷「塩田温泉 夢乃井旅館」に到着しました。
 まず、大広間に机と椅子で食事の用意があり、老人にはもってこいの準備です。
 次から次に料理が出てきて満腹になったあと、温泉に入りました。いいお湯でした。
 その後、バスに乗り込み旅館を出発し、ヤマサ蒲鉾「かまぼこ工房 夢鮮館」に寄りました。皆、思い思いのめずらしいかまぼこを買って出発し、次は「ひめじの黒田官兵衛 大河ドラマ館」に向かいました。
 官兵衛が姫路城で結婚した時の衣装、秀吉、官兵衛それぞれの「よろい」「かぶと」官兵衛が幽閉された土牢などを再現し、展示していました。
 また、姫路城における官兵衛が大切にした家臣団「黒田二十四騎」を詳しく紹介してあり、黒田官兵衛の人物像に迫ります。
 ドラマ館からバスの駐車場まで、もう少しで出来上がる姫路城の屋根瓦を横目に見ながら歩いて移動。全員がバスに乗りこんだ時、急にドシャ降りの雨が降ってきて「あぁ、よかった」と話しながら帰路につきました。
 住吉に着くころは雨も上がり、会員の皆さんにも喜んでもらいました。
 運転手さん、案内係の方にお礼を伝え解散しました。
 ほんとにいい一日の旅でした。
一般社団法人
神戸市老人クラブ連合会
〒650-0016
神戸市中央区橘通3丁目4-1
神戸市立総合福祉センター
        2階
TEL:078-341-8507
FAX:078-341-8524

------------------------------
 
1
0
0
1
8
8
TOPへ戻る