法人概要

設立の趣旨

神戸市老人クラブ連合会は、神戸市内の老人クラブが結集し、市内の老人クラブ活動の連絡強調を図り、老人クラブの発展と高齢者の福祉の向上に寄与するために必要な事業を行うことを目的として設立されたものです。
昭和33年8月に組織され、昭和45年9月に「社団法人神戸市老人クラブ連合会」として法人認可を受けて公益法人化し、公益法人改革3法施行に伴い、平成24年4月に「一般社団法人神戸市老人クラブ連合会」に移行し、現在に至っています。

概要

■名称一般社団法人 神戸市老人クラブ連合会
■所在地〒650-0016 神戸市中央区橘通3丁目4-1 神戸市立総合福祉センター2階
■電話番号078-341-8507
■FAX番号078-341-8524
■理事長大辻 正忠
■設立年月日
昭和33年8月 神戸市老人クラブ連合会(任意団体)として発足
昭和45年9月 社団法人神戸市老人クラブ連合会として法人認可
平成24年4月 一般社団法人神戸市老人クラブ連合会に移行
■活動内容
1.健康増進事業   各種スポーツ大会や体力測定会、健康づくり研修会等の開催
2.友愛・奉仕活動推進事業
3.文化研修事業   高齢者美術作品展、会長リーダー研修会、新任会長研修会等の開催
4.福祉事業   社会奉仕事業、福祉研修事業の実施
5.広報事業   月刊「神戸老連」の発行、ホームページの開設
6.単位クラブ等支援事業   区老連及び単位クラブへの事業助成
7.関係団体との連携   全国老人クラブ連合会、近畿老人クラブ連絡協議会等との連携
8.法人の運営
9.地域を支える支援活動の推進   地域見守り活動等地域支援活動の推進
10. 老人クラブへの加入の促進

沿革

平成7年1月阪神・淡路大震災発生(17日午前5時46分)
平成7年9月「阪神・淡路大震災犠牲者を偲ぶ集い」を神戸文化ホールで開催 会員553名の犠牲者を偲びクラブの復興を誓う
平成8年8月震災記録紙「老人パワーは生きている」を発行
平成8年10月「神戸市老人クラブ復興大会」を神戸文化ホールで開催
平成17年「神戸老連」震災特集号発行
平成24年4月一般社団法人に移行
平成17年12月高齢者阪神・淡路大震災10周年記念大会開催(全老連・兵庫県老連・神戸市老連共催)
昭和29年6月 神戸市に初めて「神戸市老人会」が誕生
昭和33年8月神戸市老人クラブ連合会(任意団体)が発足
昭和38年12月広報誌「神戸老連」(月刊)創刊
昭和39年9月「神戸市老人会結成10周年記念大会」開催・国際会館
昭和45年9月「社団法人神戸市老人クラブ連合会」として法人認可を受ける

交通アクセス

住  所:〒650-0016 兵庫県神戸市中央区橘通3丁目4-1
           神戸市立総合福祉センター2階
アクセス:神戸高速鉄道高速神戸駅徒歩2分、地下鉄大倉山駅徒歩4分、
     JR神戸駅徒歩6分 (湊川神社西門前)

▼お気軽にお問い合わせください